木壁画


今日はひとつ


木壁画(もくへきが)なるものを紹介しよう


何?僕屁が臭い?要らんことを言うな要らんことを!


木壁画というのはあさのたかをさんという芸術家さんが考えた手法で


はい、それ違うよ


このように木片を上に上に重ねていく手法で


とてつもない手間と根気が要るのだ


はっはっは、俺様はとてつもないはにゃら顔だがな


宝くじが当たったら真っ先に買おうリストに入れておこう

木壁画」への20件のフィードバック

  1. ものすごく難しいジグソーパズルみたいですね。
    どこにどのパーツを置くか、わからなくなったりしないんでしょうか。

  2. こういう細かい物を作れる人を尊敬しています。
    木を切って貼って作ると、こんな風合いになるんですね。

    凄く複雑なアンパンマンペロティみたいに見えてしまいます。
    線と線の境界がお祭り屋台の型抜きのようにも見えまする。

    宝くじ当たったら、オーダーで豆兄弟の作品を作ってもらうのが良いです。
    ご多分に漏れず、でんろくさんの頭頂部は何パターンか作って、
    季節で模様替え出来るようにすれば完璧でしょう。

    • 一体なぜでんろくさんの頭頂部は何パターンか作って季節で模様替えできるようにするのかね?orz
      アンパンマンペロティ!これか

      あさの先生にチョコ壁画を作ってもらうorz

  3. Mural de xilografía…
    ブフェーックショ!!
    だいずは整然と並べられた木片を盛大な苦沙弥で吹き飛ばしてしまい、あさのたかをさんの刺客、イカスミサーティンの手によってとてつもないハニャラ顔にされるのであつた・・・

    • ああああああああああああ、胡椒とか花粉の入って来ない部屋で作業すべしorz
      イカスミサーティン!あたしの背後に立つなorz

  4. 閉まっとるやないか。中の人は「買うまで帰さん」って言われとるんじゃなかろうな。配膳代わりに買ったげ。人助け人助け。

  5. 木の色を生かして絵にしてるんですね、ステキです。寄木細工みたいな?寄木細工は箱根名物ですが小田原の地下街にお店があり猫の根付とか売ってまして見るだけで楽しいです。買えって?

  6. 初めて聞きました。
    木でもいろんな色があって
    その組み合わせも楽しいでしょうね~。

  7. おぉ、あさのたかをさん。素晴らしい!各地で展示会なさってますね。
    仙台でも、元々は箪笥を作っていた熊野洞ギャラリーというところで、天然木を使ったオルゴールなどを製作してます。「スイーツ型」というのがあり、本物のケーキみたいなんですよ
    (´∀`=)

  8. なんとも温かみのある色合い(^^*
    とてつもなさで言えばだいずさんのはにゃら度の方が勝っているとは思いますが・・
    ↑南米さん、ランチはやはりちゃんぽんですかね!?

  9. 木壁画、知りませんでした。
    制作は物凄く大変そう(°Д°)
    猫をモデルにしたくても、制作現場は猫様方立ち入り禁止でしょうね~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中