寄生虫の館 ※閲覧注意


はぁい、寄生虫評論家のそらまめよ ようこそ、寄生虫の館へ


今日はあたしが以前体内で飼育していた寄生虫を展示した


館を紹介するわね ちょっとこジャレて作ったからデートにも最適よ


入場は無料で、良ければ寄付金をテケトーにちょうだい


それじゃあ、館内を案内したげるわね


先ずはごあいさつよ


寄生虫は学名をパラサイトと言うのよ うっかり腹サイズと間違わないでね


寄生虫を系統立ててわかりやすく解説してるから


女子がひとりで入っても安心ね


これが実際にあたしが飼育していた実物の展示よ


他にも在庫は各種取り揃えているわ


カップルも来て良かったと大喜びよ


模型ファンも喜んでるわ


長〜い寄生虫もいるから長寿のご利益があるとお年寄りも大勢いらっしゃるわ


はいはい、このように老若男女に大人気の寄生虫の館に是非おいでください


それでは、またお会いしましょう!アデオス!

寄生虫の館 ※閲覧注意」への20件のフィードバック

    • 配膳係は断固として拒否したのですがお世話係が絶対行くと。゚(゚´Д`゚)゚。
      まあ、行ってみたらイメージしていた感じと全然違って
      オシャレなカフェみたいな造りで
      若いカップルや観光客が多かったです(´∀`*)
      撮影が禁止だったので撮ってはいませんが売ってるグッズが素敵なものばかりでした(*゚д゚)

  1. 配膳係さんはやっぱり愛妻家♡
    寄生虫の素敵グッズってどんなんですか(≧∀≦)

    私はグレ美(猫)の吐き出すマンソンくん(検索注意)を
    太いゴムを誤飲させてしまったかと勘違いして、思い切り引っ張たことが2度もありますー!!

  2. 寄生虫!ギャー
    20年前に蚊を個人で研究してた方がいて
    細かく見せてもらいましたが
    ギャーでした

  3.  出勤前にこのねこブログを拝見させていただきますが、ことのほか本日の業務、はかどりましたことをご報告いたします。理由は不明です。明日健康診断なので、まかり間違っても上記のような長細いやつや、小さくても強烈なヤツが発見されないことを祈るばかりです。(いや、せっかく苦しい思いをするんだから、見つかって欲しいような、ほしくないような。)

    • そりゃあーた、mushi1さんなんだから虫が好きなんでしょう(ヽ´Д`)
      てか今の時代は人間にそんなもんいませんや( ゚Д゚)

  4. ええっ、そんな館があるのですかΣ(Д゚;/)/
    どうも虫類、特に脚の無い類は苦手。
    とても行く気にならないけど、好きな人が結構いるのですね。
    ミーには飼ってほしくないなぁ…

  5. 寄生虫を体内で飼うと、花粉症が治る!と聞きました。朗報ですよね?
    以前、ミニクロさんが座った後には、必ずウニョウニョ動く白い物が落ちてました!Σ(×_×;)!

  6. Museo de parásitos…
    体内はまだしも、体外の御仁は南米諸国では未だに普通に見られますな・・・orz

  7. そらまめ嬢がとてもキレイに撮れている気がしました。
    でんろくをどついてるのは想像の産物なんじゃないかしら。
    こんなつぶらな瞳であんなパンチ食らわすとは思えない・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中