花のロンド」への18件のフィードバック

  1. Please do not touch が読めるからではないかと。

    日本語では字が潰れ気味でしすが「作品にはお手を振れないでください」と読めました。
    これだと手を振らないだけになるので、こちらは引っ掛けなのかな。
    日本人なら「触れないで」と脳内補完されることを想定しているのかも知れませんが。

  2. インスタ映えスポット!!
    お水っぽいのが入っているから生花なのかな。
    風で揺れたら風鈴みたいにシャラシャラいうのかしら

      • 生花(なまばな)がしおれないように、試験管状の容器に水が悪くなりにくくする
        お薬を足した水をはって飾り付けてる感じでしょうか。

        ドライフラワーやハーバリウムですと、お花の匂いまでは楽しめないので、
        こういったオサレな飾り付けと生花故の儚さなどを共存させたカーテン状の
        フラワーアートなのかも知れません。

        チューブベースで探せばいろいろありますが、ガラスだと割れて大変そうなので
        テストチューブを結束バンド(タイラップ/インシュロック)で固定してるようですね。
        その部分が丸見えなのはどうかと思うのですが・・・

        試験管自体を一輪挿しの花器として利用するのは結構一般的らしくて、
        100均でも、試験管と試験管立てを一輪挿し向けに売っていたりするので
        割と入手しやすい飾り方ですよね。水換え大変なのでドライフラワーか
        コルクで栓をする形でハーバリウムにしたりが後々が楽そうです。

  3. なんかよく見えないのですが、何かが安置されているような雰囲気の場所ですな。

  4. Rueda de flores…
    ロンドとは輪舞の類ですな・・・
    ハニャラとデバラなお客様、フラワーゲート内で炭坑節を踊らないでください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中