顔面毛まみれ

地球連邦軍が2年の歳月を費やして開発した「もふもふ撮影装置」を紹介しよう。

CIMG7340

国家機密のため発表できるのはこの写真1枚だけだが、かいつまんで説明しよう。

この装置を頭に装着しスイッチを押す。

世間一般への配布も視野に入れているので操作は簡潔に留めた。

それでは早速この装置を使用した映像をご覧いただこう。

動画1

失敗。

レンズの方向調整ミスで上の方しか写らなかった。

連邦のメカニックも時にはミスするのだ。

気を取り直して再チャレンジ。

動画2

かなり良くなった。

欠点はもふもふし過ぎると真っ暗になるということだ。

実験と検証を繰り返し、改良していってくれたまえ。

 

 

迷惑なのは実験台となる動物たちであるが

花火

CIMG7268 ひゅるひゅるひゅるどどーん!

CIMG7254 どばばばばーん!

CIMG7295 うわわわわわー

CIMG7300 きょ、きょわいよぉぉおおお

CIMG7298 ん?

CIMG7303 兄者、いかがなされた。花火がきれいでござるよ

CIMG7310 音が大きい

CIMG7308 我らの宿敵掃除機に比べれば大したことはありませんよ

CIMG7337 こりゃー、タワケ者!

CIMG7339 そんなことでは立派な花火師になれんぞ!

CIMG7313 すいません

CIMG7315 てか、いつ私が花火師になりたいと

CIMG7335 花火師の修行は厳しいぞ

CIMG7328  まずは5尺にくたまの作り方じゃ

CIMG7317 話をどんどん進めないで下さい

CIMG7311 面白そうだから放っておこう

CIMG7330 ふぉふぉふぉ、まずは火薬を近所のスーパーで購入

CIMG7318 近所のスーパーにそんな物騒な物が

CIMG7326 うむ、カップラーメンにもれなく付いてくるぞ

CIMG7332 それをふくらし粉500グラムと砂糖少々塩少々と水適量とで良く混ぜる

CIMG7321 どうしたことだ、まるで料理教室

CIMG7334 純毛を集めて導火線とし、

CIMG7331 火薬粉をテケトーに丸めて導火線を差し込み、天日で干せば完成じゃ

CIMG7319 い、意外に簡単なんですね

CIMG7327 バカ者!「桃栗3年柿8年」と言うて厳しい修行が必要じゃ

CIMG7324 よし、わしの花火師人生をかけて築き上げ体得した極意を今全て教えた

CIMG7329 あとは頼んだぞ

CIMG7320 むお、何だかやれる気がしてきたー

 

 

 

CIMG7271 ずどどどどーん

CIMG7314 たーまやー

CIMG7296 やぱきょわい