悲しいお知らせ

DSCN1957
里親さんが決まってあとは離乳を待つだけだった一番ちび毛玉君が虹の橋を渡りました
気管支炎だそうです 彼を発見した当時、体も冷たく、諦めていたのですが何とか持ち直して
いただけに残念です
ずっと面倒を見ていてくださった栗猫おばさんが一番ショックかと思いますが
「力及ばず申し訳ありません」とメッセージをもらいまして涙が出ました
里親さんにも連絡しましたが心情を察すると悲しいです
また、真ん中分け毛玉君も調子が悪いそうなので頑張って欲しいです
今日の涙は明日に残さず明日からは通常に戻ります