芸術のバキッ!


むっしむっし


ギラリッ


ぶるるるるる


ちょいと、あなた!


ん?何か?


あれは何なの?


は?あれとは?


あなたの頭上にかかっている絵よ


あ、これかい?お察しの通り絵だよ


ムキー!頭の回転の鈍い人ね!
どうして私が描かれてないのか?って聞いてるのよ!


いやいやいや、そりゃ無茶だろ!


この絵は何年か前に仙台在住のにゃん吉さんという芸術家が


描いてくださったものなんだから


私を加えなさい


む、無茶も休み休みに言えよ!


・・・あなた、絵心はあって?


・・・!


なっ・・・!


な・に・よ・こ・れ!


てへ、あまりの素晴らしい筆致に驚いたろう?


ムッキッキー!


ルノアールだってかないやしないさ あ、でも礼には及ばないぜ


こいつ、救いようのないバカだわ!


バカは放っておいて次を探しましょう


ん?


さあ、あなた!お願いするわ


おお、私は狩野派の末裔!君は運がいい


今度は期待できそうね


・・・!


どうかね?この絶妙なワビサビ!狩野派にまたもや傑作が産まれた!


うがああああああああ!


次!配膳係!


はい!


はい!お願いするだけ無駄でした!


お世話係!


はい!


うががががあああああ!


と思ったけどちょっと待って!


うん、まあまあかわいらしく描けてるわね 絵に加えてちょうだい


ほい


ほほほほほ、よろしくてよ