怪談

DSC05733
はい、こんにちは 稲川淳二でございます

DSC05730
私が来たら何をするかおわかりでしょう?

DSC05731
そうですそうです怪談ですよ怪談

DSC05720
キャー!

DSC05735
おっと、まだ何も言ってませんよ 悲惨だな悲惨だな悲惨だな

DSC05738
では身支度をして始めさせていただきます

DSC05741
あれはいつだったかあたしがね、まだ駆け出しの頃だったですかね
知り合いの社長からアフリカのお土産をもらったんですよ

DSC05713
ギャー!

DSC05735
ちょっと!やりにくいなもう、これから本題に入りますからね

DSC05737
で、そのお土産というのが人間の干し首でしてね
まだアフリカのある部族ではそういう習慣が残っていたんでしょうな

DSC05724
干しカマください

DSC05735
あ、いや干しカマじゃなくて干し首ね、干した首ですよ首ね
で、そんな物もらっても困るんで取り敢えず一晩はあたしの部屋に置いたんですが

DSC05732
やっぱり何だか嫌だな嫌だな嫌だな〜と思いまして
知り合いの住職のところに持って行ったんですよ

DSC05739
いやあたしも気味悪いもんですから 風呂敷にこうして包んでね

DSC05725
ピロシキください

DSC05735
いや、ピロシキじゃなくて風呂敷ですよ風呂敷

DSC05746
で、干したものですから本当は軽い訳ですよ でも風呂敷を持ち上げようとしたら
ズッシリ重い!急いで住職に見てもらったら風呂敷を開けるなり

DSC05736
「これ、生きてるよ!」

DSC05717

DSC05727
・・・

DSC05734
以上、怖がっていただけましたか?稲川淳二でした

DSC05715
ええ、怖かったわ、あなたの顔が

DSC05723
干しカマがなければ煮干しでもいいです

DSC03772
ペロシキと呼ぶお店もあります

DSC05740
うわ〜ん