タイシャクテーン


俺様は生まれも育ちも東京葛飾柴又 帝釈天で産湯を使い、 姓は車、名は寅次郎


人呼んで “フーセンの腹” と発しますほっとけ


何だ突然入って来て決めセリフを取ったな しかもフーセンの腹とは


ほっとけ

こんばんは。新年早々インフルエンザにかかってしまい、
予定していた初詣に行けず、再度チャレンジ!


柴又帝釈天にやって来ました。


ヤーマーさんも一緒ですよ~(ノ´∀`*)まずはフーテンの寅さんにご挨拶して…
あっ、手前の紫色の耳がヤーマーさんです。


あら、実の吉ママさん、こんにちは


散策してたら駄菓子屋さんがあって入ろうとしたら…
店内激混みでよく見れなかったです(T-T)


高木屋さんと言えば、「男はつらいよ」ですよね。


柴又もちも美味しそうだったのに売り切れでしたね~


草だんごのおしるこをヤーマーさんがウマウマと半分すすりました(嘘


寅さんのオブジェはご利益ありそう!


寅さんと招き猫の印鑑袋も可愛かったです。


オラのオブジェはご利益も可愛くもないどー


ヤーマーさんも帝釈天の門をくぐり、


初詣の参拝客と一緒に並び、無事にお参り出来ましたよ。


南米からはるばる来たヤーマーさんと柴又帝釈天の風景…
なんか不思議な感じでした。


駅までの帰り道、今度はフーテンの寅さんにお別れの挨拶をしました。
名残惜しいなぁ。


10年前に配膳係さんも行ったんだどー


帰宅してわかった事ですが、ヤーマーさんの左側の荷袋がからっぽなんです!
たぶん、帝釈天のどこかにトウモロコシ2粒を置き忘れたかと
(…ってことにしよう)思います。


ここにあるどー 後で実の吉ママの家に向かって飛ばすどー

今日は帝釈天を記事にしていただき、ありがとうございます!
追記ですが、ママちゃんからの素敵な贈り物の写真を送りたいと思います。


平穏な隠居生活を送っていた実の吉に、


その日は訪れました。


…ん?何者だ!?


とても魅惑的なそのフォルムと瞳に、我が家の男子猫たちは釘付けでございます。


ママちゃん、貴重なお宝を本当にありがとうございました。大切にしますね(*´∀`)♪
「ぶる魅」と名付けます。